飲料・商品別のカフェイン含有量一覧

眠気覚ましにはカフェインが良い、という記事を書いた中で、「14時以降のカフェイン摂取は辞めた方が良い」という内容を記載した。

昼間以降にカフェインを飲まない方が良い理由ーー眠りが浅くなるよ
カフェインの取り過ぎは、夜の睡眠に対して確実に悪影響を与えてしまう。それでは、どれくらいの時間からカフェインを取らない方が良いのだろうか。いろいろな文献をあたって確認をしてみた。

私も、14時を超えたら極力カフェインは取らないようにしている。しかし油断は大敵、カフェインはコーヒーだけではなく緑茶などにも含まれており、そう簡単に抜くことはできないのだ。以下、ちょっとずつ見ていくことにしよう。

一日に服用して良いカフェイン量

一日に服用して良いカフェイン量=カフェイン中毒とならない量は、体重別に決められている。以下のサイトにて、自分の安全なカフェイン量を確認しておこう。

カフェイン過剰摂取の危険ライン知っていますか?体重別危険ラインまとめ : アマニ...
カフェインの毒性についてネット上でも度々話題に上がっていますが、「大量摂取で死亡するかも…」「継続的な摂取で中毒を起こす」といった認識が多く、漠然としたイメージを持っている人が多いようです。具体的に危険なラインを知っておくことと、意外な落とし穴に気...

例えば、体重が70kgであれば、最大でも460mgしか取らない方がよい。いや、460mgなんて安全だと思うだろう。しかしそんなことはない。身近な飲料には、もれなくカフェインが含まれているのだ。

緑茶やコーヒーに含まれているカフェイン含有量

コーヒーのカフェイン含有量

コーヒーのカフェイン含有量は多い。ちょっと店頭を漁っただけでも、こんな感じになっていた。

分類 製品名 カフェイン含有量
缶コーヒー ボス ゴールドプレッソ 130mg
缶コーヒー ワンダ 金の微糖 130mg
缶コーヒー ワンダ モーニングショット 114mg
缶コーヒー ファイア ブラック 120mg
コンビニ セブンイレブン レギュラー 83mg
コンビニ セブンイレブン ラージ 150mg
コンビニ ローソン Sサイズ 100mg
コンビニ ローソン Mサイズ 130mg
コンビニ ローソン Lサイズ 140mg
スタバ ホット ショート 180mg
スタバ ホット トール 260mg
スタバ ホット グランデ 330mg
スタバ アイス ショート 120mg
スタバ アイス トール 235mg
スタバ アイス グランデ 285mg
ボトル タリーズ バリスタブラック 60mg

とうことで、コーヒーにはおおよそ100mgのカフェインが含まれている。スタバでグランデなんて頼んだ日には、それだけで300mg近いカフェインを摂取してしまうのだ。

ただ、コーヒーにカフェインが入っているなんてもはや常識。問題は他の飲み物である。

緑茶・紅茶

メーカー 製品名 カフェイン含有量
伊藤園 おーいお茶 濃い味 105mg
伊藤園 おーいお茶 60mg
サントリー 伊右衛門 50mg
キリン 生茶(430mlペット) 56mg
キリン 午後の紅茶 レモンティー 40mg
キリン 午後の紅茶 おいしい無糖 60mg

お茶のカフェイン含有量は50mgくらいだろうか。ただし、「濃い味」系になると一気に倍になる点には注意が必要だ。

最近はデカフェであることを明確に歌った商品も存在している。

よくコンビニで売られている「ミネラル麦茶」は、カフェインレスだ。

伊藤園 健康ミネラルむぎ茶 600ml×24本

伊藤園 健康ミネラルむぎ茶 600ml×24本

2,010円(03/13 07:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

また、お茶系でも、カフェインレスな商品がけっこう出現している。オススメなのは生茶のノンカフェインタイプや、爽健美茶のカフェインゼロタイプだろうか。

キリン 生茶デカフェ 430mlPET

キリン 生茶デカフェ 430mlPET

1,998円(03/13 07:34時点)
Amazonの情報を掲載しています
コカ・コーラ 爽健美茶

コカ・コーラ 爽健美茶

2,000円(03/13 07:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

カフェインの含まれていない商品は、パッケージに「カフェインゼロ」「デカフェ」「ノンカフェイン」などの記述があるので、そこからカフェインの含まれていない商品を判別することが出来る。

ジュース

実は、コカコーラなどはカフェイン含有量を公開していないので、ちょっと少なめ。

メーカー 製品名 カフェイン含有量
サントリー ペプシコーラ 500ml 50mg

おそらく、コーラ系の商品は500mlあたり50mg程度のカフェインが含まれている。夜中にコーラをグビっと飲みたくなるが、これを飲むと夜の睡眠が悪くなってしまう。

デカフェの商品としては、コカコーラからゼロカフェインという商品が売られている。私は、夜にコーラが飲みたくなったらこちらを購入することにしている。

コカ・コーラ ゼロカフェイン

コカ・コーラ ゼロカフェイン

1,872円(03/13 07:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

エナジードリンク

最後はエナジードリンク。

製品名 カフェイン含有量
レッドブル 80mg
ロックスター 120mg
モンスターエナジー 144mg
リポビタンD 50mg

実は、カフェイン含有量はそんなに多くない。コーヒー程度しか含まれていないのである。昼間の景気づけに使うことは出来るが、それならばカフェイン錠を使った方が良い。

ということで、実は日常でよく飲んでいる商品には、カフェインが多数含まれている。日本人は比較的カフェインに耐性があると言われているのだが、下記記事で紹介する通り、カフェインは睡眠を阻害する要素である。

昼間以降にカフェインを飲まない方が良い理由ーー眠りが浅くなるよ
カフェインの取り過ぎは、夜の睡眠に対して確実に悪影響を与えてしまう。それでは、どれくらいの時間からカフェインを取らない方が良いのだろうか。いろいろな文献をあたって確認をしてみた。

カフェイン量を適切に管理して、睡眠の効率化を図ることが必要だろう。15時を超えてカフェインが含まれている飲み物を飲みまくっていたり、夜にコーラを飲んだりしていると、知らず知らずのうちに快眠を妨害しているかもしれないのだから。